Profile

会社概要

社名 株式会社モザイクワールド(Mosaique World Co.,Ltd)

所在地   〒101-0052 東京都千代田区神田小川町1-8-3 THE OFFICE 3階

連絡先   03-6403-9616

事業内容  チュニジア産オリーブオイルの輸入および販売

      チュニジアの雑貨等の輸入および販売 など

代表者   ベン・ブラヒム タレック

設立年   2018年

社名の由来

チュニジアは、北アフリカに位置し、北側と東側が地中海に面している国です。

地中海文明を築いた古代カルタゴが前身です。

紀元前よりフェニキア人が到来し、その後ローマ、ビザンチン、イスラム、オスマン帝国による支配と

激動の歴史をたどってきた中で残された世界遺産が有名です。

中でも、ローマ時代のモザイクは、小さな石一片一片を丁寧に組み合わせ、人々の暮らしや

人間の姿を生き生きと映し出しています。

そうした、チュニジアの歴史の象徴であるモザイクを社名としました。


また、モザイクは、様々な色の石を組み合わせて一つのモチーフが出来上がっています。

私たちの会社も、チュニジアと日本という、文化や歴史の異なる国の懸け橋として、

一つの世界を作り上げていくことに貢献できるようにという願いを込めました。


2018年盛夏

代表取締役社長 ベン・ブラヒム タレック



ご挨拶

チュニジアのAgromed社は、私のチュニジアの家族の会社です。

Agromed社は、何百年にもわたって大切にしてきたオリーブの畑と最新の加工工場を営んでいます。

オリーブの実をすべて手摘みで収穫し、農薬などを使わないという伝統的な栽培方法を大事にしている反面、

酸度の低い高品質のオイルを抽出するために最新鋭の機械を使って丹精込めて作っているオイルです。

チュニジアのオリーブオイルは、日本の皆様にあまりなじみがないかもしれませんが、

チュニジアには樹齢2800年ともいわれるオリーブの木が現存するほど、古来から作られているものです。

また、オリーブオイルの生産量も世界有数ですが、ほとんどがヨーロッパに輸出されてしまうため、

直接日本に入ってくる量は少ないです。

チュニジアでは、オリーブの木は”黄金の木”といって、食用はもちろん、薬用、美容などに

重宝され、人々の暮らしにとって身近なものです。

この大切にされてきた美味しいオリーブオイルをぜひ皆様に味わっていただきたく、

輸入販売しております。

個人のお客様はもちろん、業務用、卸用などいろいろな形で身近に感じてもらえるよう

今後とも努力してまいります。

                             2021年3月

                             ベン・ブラヒム タレック 

チュニジアAgromed社の代表者(右)と。(2017.3月 FOODEX JAPANのAgromed社ブースにて)